判断をミスしたり、不運に見舞われると、授業料と呼ぶには大きすぎるダメージを被ります。
とにかく分譲当時のパンフレットを入手してください。というお話はさせていただきました。
分譲マンションや一戸建住宅の販売、ハウスメーカー、いろいろな個性や信じるやり方を持った営業マンがたくさんいます。
登記簿には昭和56年6月以降の日付けで新築と記載されていても、基準は、新耐震基準ではないマンションもあります。
 
「皆さん異口同音に『坪単価いくら?』とお聞きになるのですが、その単価に何がどこまで含まれてるのかわかっていない人ばかりで、大して意味のない数字なのに。 」
無事、契約。手付金も受取りました。午後、別の仲介業者から紹介されていた物件を視察。
その土地を売却して現金化としようかと迷っているというご相談をいただいているからです。
街並みの古いところでは、道路の幅を広げるというような都市計画道路が割と多いです。
 
修繕積立金と管理費は、確かに一緒の口座から、同時に引き落としされますが、全く性格の違うものです。。
住宅購入後のライフプランについて、ファイナンシャル・プランナーを連れてきて、アドバイスしてくれる。
なぜ、家を探し出したのか?
こうやって、お話をしながら頭の中をまとめていけるのはいいですね。」。

▲このページのトップへ