建蔽率や容積率、斜線制限のおかげで、
収納スペースが足りないとか、居室の天井高が、、
なんてお話は良くありますが、

業者と結託して違反建築をやってしまい、
その建物に不具合があるとなった場合、
自身を守ってくれる法律を投げ捨ててしまっているわけで、
業者が、尻尾をまいて逃げたら、どうしようもありません。

いざ、買い替え等で売却となった時
トレンドとして、売主の責任は重くなる傾向にありますから、
違反建築となると、大きなマイナス査定となる可能性もあります。

目先にとらわれ過ぎず、トータルで判断しましょう!

▲このページのトップへ